人身事故を起こす原因

車を運転している方は、運転に関して、どんなことに気を付けておられるでしょうか。
スピードを出しすぎないように、でしょうか。
左右前後の確認をしっかり行うことでしょうか。
車との車間距離に余裕を持つことでしょうか。
それとも、交通安全のお守りをぶら下げておくことでしょうか。
いわゆる「安全」はそれを願い、神頼みするだけでは達成できません。
自分で実践して初めて「安全」な運転を心掛けている、と胸を張ることができます。

しかし、私たちも人間ですので、ときに様々な不注意を招いてしまいます。
そのときにとっさに気付いて修正できれば良いのですが、ヒューマンエラーは多大な損害を招いてしまうことがあります。
交通事故もその例外ではありません。
いつも自分が正しい運転の仕方をしていると信じ込んでいると、それが隙となって事故を招く可能性があります。
自分を過信せず、いつも安全でゆとりのある運転を心掛けたいものですが…もしドライバーの誰もがそれを実践できていたら、そもそも増え続ける交通事故はほとんど起こりません。

被害の度合いで運転技術を語ることはできませんが、その「過信」や「怠慢」により、ときに人命さえも奪ってしまうことがあります。
人身事故は起こされた本人とその家族、そして起こしてしまった当人にも多大な損害を与えます。
それも、一時の油断が引き起こしたものかもしれません。
では、もし事故を起こしてしまったら…どうするべきなのでしょうか。
このサイトでは、その点について取り上げます。



<特集>
交通事故の発生から治療、示談交渉までの一連の流れを解説しています ・・・ 交通事故 示談

Copyright © 2014 人身事故の加害者になってしまったら All Rights Reserved.